Grid Data Bank Lab.

グリッドデータバンク・ラボ 有限責任事業組合

グリッドデータバンク・ラボ

いま求められる
真の共創

いよいよ迫るUtility3.0の世界。デジタル技術の飛躍的な進展のもと、業種の垣根を超えたデータの活用による新たな価値の創出が期待されています。

グリッドデータバンク・ラボは、送配電事業で得られる電力データ(グリッドデータ)を出発点に、多様化する社会課題の解決やビジネス価値の創造に向け、みなさまと一緒に、これからの暮らしを支える取り組みに挑戦していきます。

Public Service 社会を支える公共サービス Public Service 社会を支える公共サービス
Grid Data 製造 流通 小売 サービス 建設 土木 救急 防災 交通 通信
Business Activity 生活を支える企業活動 Business Activity 生活を支える企業活動

オープンでセキュアな
ラボ兼オフィス

デザインシンキングやアイデアソンなどの共創活動を推進するオープンな環境を提供するとともに、法整備や個人情報の保護に留意し、異業種間データの掛け合わせを適切に処理するセキュアな環境を実現。

グリッドデータバンク・ラボでは、これからの社会を明るく導く新たな可能性が生まれます。

有識者/法律
発見 Showroom
交流 Market Place
共創 Incubation Support
実証 Business Design
企業/団体

電力データ活用の可能性

活用テーマ:防災計画

被災地域の生活実態を踏まえた
最適な復旧計画
  • ・災害エリア、復旧状況、避難ルート、避難所の把握
  • ・物資調達など防災計画の検討
Grid Data 救急 防災 交通

活用テーマ:商圏分析

店舗周辺の生活動向を把握した
売上予測の精度向上
  • ・出店エリアの周辺環境、ターゲットの分析
  • ・営業時間、店舗形態など運営計画の検討
Grid Data 流通 小売 サービス

活用テーマ:
電気で“つながる”新サービス

日々の暮らしに更なる安心、
豊かさをもたらす新サービス
離れて暮らす大切な人を近くに感じることのできる
誰もが使う電気を活かした新しいコミュニケーションサービスのかたち
Grid Data 製造 流通 小売 サービス 建設 土木 救急 防災 交通 通信

概要

事業組合名:
グリッドデータバンク・ラボ 有限責任事業組合
英文名:
Grid Data Bank Lab. LLP
資本金:
9.68億円
出資比率:
東京電力パワーグリッド株式会社25%、中部電力株式会社25%、
関西電力送配電株式会社25%、株式会社NTTデータ25%
設立日:
2018年11月15日
本社所在地:
〒102-0082 東京都千代田区一番町13-1 新半蔵門ビル1階
・2022年6月30日をもって本事業組合は解散しております。本件に伴い新規の会員申込は停止してます。
・電力データ活用に関するお問い合わせはこちらにお願いします。

グリッドデータバンク・ラボ 有限責任事業組合
〒102-0082
東京都千代田区一番町13-1 新半蔵門ビル1階

Grid Data Bank Lab. LLP
Shin-Hanzomon Bldg. 1F
13-1, Ichiban-cho, Chiyoda-Ku, Tokyo
102-0082 Japan